TOPページ 当協議会について 活動紹介 会員情報 会員募集 お問い合わせ

TOPICS

イベント・セミナー

2017年度医療福祉情報連携 コーディネーター養成講座

【名古屋】

地域医療福祉情報連携協議会では、地域医療・福祉の復興促進に資することを目的として、
「医療福祉情報連携コーディネーター養成講座」を開講致します。
「医療福祉情報連携コーディネーター」とは・・・
「地域医療連携」や「地域包括ケア」およびそれらを支えるシステムについて理解し、地域の人的ネットワークを構築・調整するとともに、地域のニーズに応じたシステム設計を支援し、地域医療・福祉の向上に寄与する人材です。
主催 地域医療福祉情報連携協議会
共催 特定非営利活動法人 NU-Medイニシアティブ(http://www.nu-med.jp
協力機関 特定非営利活動法人地域医療情報連携推進機構、医療法人 松柏会
開講日程 2017年12月9日(土) 10:00~17:40
場所 大名古屋ビルヂング5F(会議室C・D)
募集定員 80名程度
受講料 一般:12,000円
当協議会会員並びにNU-Med会員:6,000円
特典 医療福祉情報連携コーディネーター認定書(※)、講座テキスト
※第1回~第3回講座をすべて受講し、確認テストに合格した場合
受講対象 医療、介護、福祉、行政、教育、企業関係者
申込方法 こちらからお申込みください。
問合せ先 地域医療福祉情報連携協議会
〒113-0034 東京文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F 株式会社シード・プランニング内
TEL:03-3835-9211(シード・プランニング代表) / FAX : 03-3831-0495
E-Mail:info@rhw.jp
担当:川口・荒川
・お弁当(1,000円、お茶付き)の事前申込が可能です。ご希望の方は申し込み画面の「お弁当購入」で「希望する」にチェックを入れてください。
・お弁当代金は当日受付時にお支払いください。引換券をお渡ししますので、昼休みに受付で引換券とお弁当を交換してください。
※お弁当事前申込は12月1日(金)午後16時まで受け付けます。
※お弁当申込後のキャンセルは12月7日(木)まで可能です。
※お支払いは当日現金のみの受付です。お釣りがないようご準備をお願いいたします。
※当日お支払いいただくのは「お弁当代金のみ」です。受講料は別途お振込みになりますのでご注意ください。

お弁当イメージ(※実際のものとは異なります)

講師紹介

田中 博 先生
東京医科歯科大学 名誉教授
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 特任教授
地域医療福祉情報連携協議会 会長
昭和51年東京大学医学系研究科修了 医学博士 工学博士
昭和52年東京大学医学部講師
平成2東京医科歯科大教授
平成15年~19年日本医療情報学会 理事長 兼 学会長
平成23年~地域医療福祉情報連携協議会 会長
平成24年東北大学客員教授
水野 正明 先生
名古屋大学医学部附属病院
先端医療・臨床研究支援センター 総長補佐 教授
地域医療福祉情報連携協議会 幹事
1992年名古屋大学大学院修了
1996年名古屋大学医学部脳神経外科助手
1999年名古屋大学大学院遺伝子治療学助教授
2010年名古屋大学医学部附属病院脳卒中医療管理
センター長、名古屋大学総長補佐
2012年名古屋大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター教授

養成講座テキスト

講座では、以下のテキストを使用します。テキスト代は、受講料に含まれます。

講義概要


1


本講座の育成目標である「地域医療福祉情報連携コーディネーター」の定義・役割やそれを必要とする医療・福祉の背景を学ぶ。さらに地域医療福祉連携の2つの柱である地域医療連携と地域包括ケアについてその基本とそれを実現する情報システムの基礎を学習する。
・ 医療福祉情報連携コーディネーターとは
・ 我が国の医療と福祉の変遷
・ 我が国の医療と福祉の再生
・ 地域医療連携の基礎
・ 地域包括ケアの基礎
・ 医療と福祉(介護)の地域における統合
・ 最近の医療・介護情報連携の政策

2


医療情報の標準化と共有化の仕組みを理解し、地域医療福祉情報連携システムの運用に関する協議会の位置づけ、関連規定、セキュリティ対策、患者への同意、危機管理、データの2次利用等について学習するとともに先行事例を通して地元地域に密着したシステムの在り方を展望する。
・ 地域医療連携と医療情報の標準化
・ 医療情報の共有化
・ 医療情報のセキュリティ
・ 危機管理について
・ 運用管理規定と運営組織
・ 患者の同意
・ データの二次利用

3


地域医療情報連携システムについて理解を深め、具体例として日本と海外において運用されている地域医療情報連携システムについて学ぶ。
これらの理解を基に、どのような地域医療情報連携システムを構築するかについて学習する。
・ 日本の地域医療福祉情報連携の現状
・ 日本の地域医療情報連携システムの事例
・ 日本の地域福祉(地域包括ケア)システムの事例
・ 世界の地域医療福祉情報連携システムの事例
・ 医療福祉情報連携コーディネーターの役割

講義スケジュール

2017年12月9日(土)
第1回講座 (1時間50分) 10:00~11:50
第2回講座 (1時間50分) 12:50~14:40
第3回講座 (2時間) 15:00~17:00
確認テスト 17:00~17:30
閉会挨拶 17:30~17:40

会場MAP

【アクセスマップ】

【お車で起こしの場合】
会場
大名古屋ビルヂング5F(会議室C・D)
所在地
〒450-6409
名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
交通
・全線「名古屋」駅直結。地下鉄東山線コンコースより大名屋ビル連絡通路ダイナードを通り、地下1階へ。
※お車でお越しの場合
・大名古屋ビル駐車場をご利用の場合、ビル横の道路が一方通行により直進できないため、下図経路でお越しください。
・駐車券は発券しておりませんのでご了承ください。
・ビル入館後は、5階までお越しください。商業エリア営業開始前の早朝や土日を含め、ご通行可能です。
・駐車場台数には限りがございます。可能な限り、公共交通機関をご利用ください。