TOPページ 当協議会について 活動紹介 会員情報 会員募集 お問い合わせ

TOPICS

2011年7月21日
第2回シンポジウム「震災復興に、地域医療ITは何ができるのか?」を開催しました。

7月21日、第2回シンポジウムがJA共済ビル カンファレンスホール(東京・平河町)で開催され、300名を超える皆様の参加をいただきました。
お忙しい中、ご来場いただきました皆様にお礼を申し上げます。
このシンポジウムは「震災復興に、地域医療ITは何ができるのか?」がテーマで、講師の先生方より被災地での体験に基づく医療情報ネットワークの課題とともに復興へのビジョンを示すご講演をいただき、パネルディスカッションでは会場一体となり忌憚のない意見が交されました。

満席となった第2回シンポジウム会場
満席となった第2回シンポジウム会場
日時 2011年7月21日(木) 13:30~18:00
会場 JA共済ビル カンファレンスホール(東京・平河町)
主な内容
第1部 13:30~16:25 講演
挨拶 総務省/厚生労働省/経済産業省  
講演 13:50~14:15 地域医療福祉情報連携協議会会長
東京医科歯科大学大学院 疾患生命科学研究部教授
田中 博
特別講演 14:15~14:45 岩手医科大学 学長 小川 彰
講演 14:45~15:05 「震災に強い地域連携型周産期医療情報ネットワークシステム
-岩手県周産期医療情報ネットワークシステム“いーはとーぶ”の奇蹟-」
周産期医療情報ネットワーク 大船渡病院副院長
小笠原 敏浩
講演 15:05~15:25 「Network centric 災害医療における情報管理の重要性
~災害医療コーディネーターの立場から」
気仙沼市立病院 脳神経外科 科長
成田 徳雄
講演 15:25~15:45 「震災に医療ITは何ができたのか?」
石巻赤十字病院 情報システム課 放射線技術課
千葉 美洋
講演 15:45~16:05 「東日本大震災を踏まえて 情報技術が果たすべき役割」
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授
神成 淳司
講演 16:05~16:25 「平時から災害復興まで使える患者視線の情報システム」
GEMITS(救急医療支援情報流通システム)
岐阜大学大学院医学系研究科教授
小倉 真治
16:25~ 16:40 休憩
第2部 16:40~18:00 パネルディスカッション
テーマ「震災復興に地域医療ITは何ができるのか?」
座長 地域医療福祉情報連携協議会会長
東京医科歯科大学大学院 疾患生命科学研究部教授
田中 博
パネリスト 岩手医科大学 学長 小川 彰
周産期医療情報ネットワーク 大船渡病院副院長 小笠原 敏浩
気仙沼市立病院 脳神経外科 科長 成田 徳雄
石巻赤十字病院 情報システム課 放射線技術課 千葉 美洋
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 神成 淳司
GEMITS(救急医療支援情報流通システム)岐阜大学大学院医学系研究科教授 小倉 真治