TOPページ 当協議会について 活動紹介 会員情報 会員募集 お問い合わせ

TOPICS

TOPICS

2016年6月28日、第9回シンポジウムを開催しました

6月28日(火)、東京都・文京区(お茶の水ソラシティ カンファレンスセンター2階 sola city Hall)にて第9回シンポジウムを開催しました。NPO法人地域医療情報連携推進機構の共催、総務省様、厚生労働省様、経済産業省様に後援をいただき、約250名のご参加をいただくことができました。
宮本正喜先生に司会をご担当いただき、【第1部】では名誉会長の邉見公雄先生の挨拶、さらに内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 参事官 上村昌博氏、総務省情報流通行政局 情報流通行政振興課 情報流通高度化推進室 室長 吉田宏平氏、経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課長 江崎禎英氏のご挨拶をいただきました。引き続き、会長の田中博先生より活動報告、梅田事務局長より事務局報告をいたしております。
【第2部】特別講演では赤羽根直樹氏(厚生労働省保険局医療介護連携政策課保険システム高度化推進室長)による「平成28年度診療報酬改定について」のご講演をいただきました。

赤羽根直樹氏

赤羽根直樹氏

【第3部】基調講演として、大江和彦先生(一般社団法人日本医療情報学会 理事長)に「これからの医療情報連携と活用」をご講演いただきました。引き続き、村田昌明先生(特定非営利活動法人北三陸塾 副理事長、久慈歯科医師会常任顧問、村田歯科医院)から「【北三陸ネット】~地域医療連携における歯科医の役割~」、水野正明先生(名古屋大学総長補佐. 名古屋大学医学部附属病院. 先端医療・臨床研究支援センター)から「【電子@連絡帳】地域包括ケアシステムを支える在宅医療・福祉統合ネットワークシステム」のご講演をいただきました。

大江和彦先生

大江和彦先生

村田昌明 先生

村田昌明 先生

水野正明 先生

水野正明 先生

【第4部】事例発表では、麻野井英次先生(富山県射水市民病院 院長)より「【IMIZUNO-HOME】先進的ICT遠隔医療システム」、高橋肇先生(社会医療法人高橋病院 理事長)より「地域包括ケアシステム時代における情報ネットワークのあり方~医療・介護・生活支援一体型システムの構築~」をご講演いただきました。
【第5部】はパネルディスカッションで、田中会長が司会を務められ、高橋紘士先生、武藤正樹先生、宮本正喜先生、原 量宏先生がパネリストとして登壇され、地域医療福祉情報連携に関したそれぞれの取組をお話しいただいた後、様々な課題や新しい動きなど多岐にわたるディスカッションが行われました。
なお、今回のシンポジウムの講演内容、ワークショップでの討議内容は大変貴重な資料ですので、スライド資料や講演内容を記録した「講演資料」を8月に刊行の予定です。

パネルディスカッション

パネルディスカッション

シンポジウム全景

シンポジウム全景

企業の展示ブース

企業の展示ブース