TOPページ 当協議会について 活動紹介 会員情報 会員募集 お問い合わせ

TOPICS

TOPICS

2017年6月29日、第10回シンポジウムを開催しました

6月29日(木)、東京都・文京区(お茶の水ソラシティ カンファレンスセンター2階 sola city Hall)にて、第10回シンポジウムを開催しました。
総務省様、厚生労働省様、経済産業省様に後援をいただき、NPO法人地域医療情報連携推進機構との共催で開催致したもので、約250名のご参加をいただきました。

[特別講演]
椎葉茂樹氏 厚生労働省 大臣官房審議官 (医政、精神保健医療、災害対策)(医薬品等産業振興担当)「地域医療介護情報連携における厚生労働省の政策動向について」

椎葉茂樹 氏

椎葉茂樹 氏

[事例発表①]
■星北斗先生 一般社団法人福島県医療福祉情報ネットワーク協議会 理事、公益財団法人 星総合病院 理事長「サービスクラウドの採用により黒字運営を実現 福島県医療福祉情報ネットワーク『キビタン健康ネット』」
■三原一郎先生 鶴岡地区医師会 理事「安定経営の上に広域化に成功 医療と介護を繋ぐヘルスケア・ソーシャルネットワーク『Net4U』と広域ネットワーク『ちょうかいネット』との融合」
■森典子先生 静岡県立総合病院 副院長「自治体立病院による全県ネットワークの構築 ふじのくにバーチャル・メガ・ホスピタル」

星北斗 先生

星北斗 先生

村田昌明 先生

三原一郎 先生

森典子 先生

森典子 先生

[基調講演]
■石川広己先生 日本医師会 常任理事「日本医師会が目指す地域医療・介護連携の課題」

石川弘己 先生

石川弘己 先生

[事例発表②]
■水野正明先生 名古屋大学 総長補佐、名古屋大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター長「愛知県内における在宅医療・地域包括ケアの取り組み」
■小阪真二先生 島根県立中央病院 病院長「自治体としての地域医療介護連携の取り組み 『しまね医療情報ネットワーク』(まめネット)」

柴田真吾 先生

柴田真吾 先生

水野正明 先生

水野正明 先生

小坂真二 先生

小坂真二 先生

[パネルディスカッション]
・モデレーター
柴田真吾先生 NPO法人長崎地域医療連携ネットワークシステム協議会 理事・運営委員、市立大村市民病院 麻酔科医師
・パネリスト
星北斗先生、 三原一郎先生、森典子先生、水野正明先生、小阪真二先生

会場風景
会場風景

パネルディスカッション
パネルディスカッション

なお今回のシンポジウムの講演内容、パネルディスカッションでの討議内容は貴重な資料であり、これらを集大成した「講演抄録集」を近日刊行の予定です。ご期待ください。