TOPページ 当協議会について 会員情報 会員募集 お問い合わせ

2011年1月28日 地域医療福祉情報連携協議会 発足記念シンポジウム

東北大学大学院神経病態制御学分野
清水 宏明

宮城県脳卒中ネットワーク(スマイルネット)
<抜粋> 脳卒中地域連携推進の手段として一般社団法人宮城県脳卒中ネットワークを設立し、インターネットサーバーにおいた診療データベースを医療機関間で共有する “スマイルネット”を開発した。

<略歴>平成3年 岩手医科大学医学部大学院卒業。医学博士。平成10年 岩手医科大学産婦人科非常勤講師。平成19年 岩手県立大船渡病院副院長。平成22年 岩手医科大学医学部臨床教授

千葉県立東金病院 院長
平井 愛山

わかしお医療ネットワーク
<抜粋>  近年、欧米では医療機関をつなぐ医療ネットワーク上にEHR(Electric Health Record)とよばれる医療情報データベースが構築され、糖尿病や慢性腎臓病(CKD)、心血管疾患(CVD)をはじめとする慢性疾患の疾病管理により医療費の適正化や診療の質の向上による治療成績の改善などが報告されている。千葉県山武医療圏では、平成20年からSDM2008に準拠した糖尿病の循環型地域連携パスを広域電子カルテ(わかしお医療ネットワーク)上に構築・運用している。

<略歴>昭和50年 千葉大学医学部卒業。昭和50年 千葉大学医学部附属病院第二内科医員。昭和53年 国立柏病院内科医師(厚生技官)。昭和60年 済生会船橋済生病院内科医師。平成8年 千葉大学医学部第二内科講座医局長。平成10年 千葉県立東金病院院長(現職)