TOPページ 当協議会について 会員情報 会員募集 お問い合わせ

2011年1月28日 地域医療福祉情報連携協議会 発足記念シンポジウム

山梨大学
塚原 重雄

NPO法人慢性疾患診療支援システム研究会(山梨マイ健康バンク)

<抜粋> 慢性疾患医療を支援し、地域完結型の医療体制作り、医療の効率化、質向上を目指して、2005年2月26日山梨大学が中心となって、慢性疾患診療支援システム研究会を発足させた。

<略歴>昭和36年 千葉大学医学部卒業。昭和37年 東京大学眼科入局。昭和46年 東京大学講師。昭和49年 信州大学助教授。平成57年 山梨医科大学教授。平成14年 病院長・副学長、平成18年 理事・副学長。平成21年退官、名誉教授

労働者健康福祉機構中部労災病院
吉田 純

東海医療情報ネットワーク
<抜粋> 医療危機に対する再生の道は「病院完結型医療から地域完結型医療への移行」「死亡原因の60%を占める生活習慣病に対する地域単位での疾病管理」「病院・医師中心の医療連携から患者・市民中心の発症から職場復帰、在宅介護までの連携医療・介護への移行」である。

<略歴>昭和44年名古屋大学医学部卒業。昭和51年ニューヨーク大学医療センター留学。昭和55年厚生連加茂病院脳神経外科部長。平成08年名古屋大学医学部脳神経外科教授。平成10年米国ピッツバーク大学客員教授。平成14年名古屋大学遺伝子・再生医療センター長。平成15年名古屋大学脳卒中管理センター長。平成17年東海医療情報ネットワークコンソーシアム会長。平成18年東海ネット医療フォーラム・NPO代表理事。平成20年国立病院機構東名古屋病院長。平成22年労働者健康福祉機構中部労災病院特別顧問